2050年ゼロカーボン北海道の実現(脱炭素化)

(株)高木組は2013年から

北海道グリーン・ビズ認定制度の「優良な取組」部門に登録をしています。

現在(令和4年度)登録基準はランク2(☆☆)となっており、取組内容は

@ 不要な照明の消灯、使用しない機器の電源オフ、空調の温度管理の徹底・使用時間の短縮、クールビズ・ウォームビズの実施

A 省電力製品の利用、低公害車の利用、設備機器の監視制御・自動化

B 現場事務所での太陽光発電の利用

C 交通安全と法定速度の遵守など

D 事業活動で発生する廃棄物の排出抑制

E 事業活動に関連する廃棄物の分別・リサイクルの実施

F 環境に配慮した原材料・部品・製品・サービス等の優先的購入

G 節水の励行

H 裏紙の再利用、印刷物の部数削減、電子メールの活用、文書の電子化

I 環境配慮型建設機械の導入による大気汚染物質・水質汚濁物質の排出抑制

J 社会貢献活動の実施・支援の取組

上記の11項目に取り組んでおります。

今後、ゼロカーボン北海道の実現に向けて「ゼロカーボンチャレンジャー」の宣誓と登録を行う予定です。


ゼロカーボン・チャレンジャーとは

2020年3月に北海道知事が表明した、
2050年までに温室効果ガス排出量を実質ゼロとする「ゼロカーボン北海道」の実現に資する取組を宣誓し、
実践していただける事業者のことです。

温室効果ガス排出量の削減に向けた率先取組や温室効果ガス排出量の算定・報告のほか、電気自動車の
導入や再エネ由来電力の調達などの14の項目から取組を選択し、実践を宣誓します。

参照 北海道HP「ゼロカーボン・チャレンジャーの概要」より